神話の街

サミュエル・H・ゴッツチョ、1925-1940年の写真

過去の展覧会に戻る

典型的な現代の大都市の象徴的な景色。

1920年代から30年代にかけて、建築写真家のサミュエルH.ゴッチョは、対照的な都市としてニューヨークの肖像画を作成しました。 神話の街:サミュエルH.ゴッツチョ、1925-1940年のニューヨークの写真 ニューヨーク市の象徴的なスカイラインと橋、洗練されたモダンなインテリア、特製の高層ビルの150枚近くの白黒写真が特徴です。 前世紀の華やかで伝統的な建築の中に設定されたゴッツチョのイメージは、理想と変革の街を呼び起こします。 神話の街 1年2005月30日から2006年XNUMX月XNUMX日までニューヨーク市立博物館に展示されました。

 


 

目論見書:(フルスプレッド)(ページ)

お使いのメールアドレス travelerexhibitions@mcny.org 美術館での展示会の開催に関する情報、または巡回展のメーリングリストへの参加について。

サミュエル・H・ゴッチョ、「クイーンズボロ橋からの霧の中のミッドタウン」、1932年、ニューヨーク市立博物館、34.102.15

スポンサー

リード資金 神話の街:サミュエルH.ゴッツチョ、1925-1940年のニューヨークの写真 エリザベス・R・ミラーとジェームズ・G・ディナンが寛大に提供してくれました。

MCNYに参加しよう!

無料または割引チケット、特別なイベントへの招待などが必要ですか?