過去の出来事:未来の住まい:明日の街を想像する

いつ: 6月(水曜日)19、2019、6:30pm

このイベントは終了しました。

私たちの最後のプログラムのために 住宅の明日の街 シリーズでは、先見の明のある都市の思想家、建築家、芸術家のグループに、ニューヨーカーがこれから数世代にわたって都市に住み、体験する方法を尋ねます。  デザイン研究者 アリックス・ガーバー、建築家 ミッチェル・ヨアヒム、SF作家 サム·ミラー、およびアーティスト アヨダモラタニモimoオクンセインデ. 期待する 活気に満ちた、心を広げる夜のプレゼンテーションとディスカッション。 モデレーター KAディルデイ、シニアエディター CityLab

フォローするレセプション。

スピーカーについて:
アリックス・ガーバー 私たちの想像する未来を視覚化し、実現するために人々と協力するデザイン研究者であり、私たちの社会がより公平で意味のあるものになる可能性について議論を喚起しようとしています。 ごく最近、ガーバーはラジカル設計などのセントルイスのワシントン大学でコースを開発および指導しており、学生は警察、資本主義、投票などの市民体験に代わるものを想像しています。 また、ガーバーはニューヨークのハーレムとミズーリ州ファーガソンの住民と協力して、分岐した未来から人工物を作ることにより、現在の警察や裁判所のシステムに代わるものを模索しています。

ミッチェル・ヨアヒム、博士号、Assoc。 AIA、 それは の共同設立者 建築、都市デザイン研究、コンサルティンググループ テレフォーム1 そしてニューヨーク大学の准教授。 彼はフルブライト奨学金とTED、モシェサフディ、MITのマーティンサステナビリティ協会とのフェローシップを授与されています。 Joachimは、AIA New York Urban Design MeritAwardやHistoryChannel Infiniti Award for City of theFutureなどの多くの賞を受賞しています。 彼は以下を含むXNUMX冊の本の共著者です。 XXL-XS:エコロジカルデザインの新しい方向性 (2016)。

サム・J・ミラー 星雲賞を受賞した著者です 飢えの芸術 (NPRベストオブザイヤー)および ブラックフィッシュシティ (によって今年のベストブックに選ばれました ハゲワシ, ワシントン・ポスト、バーンズ&ノーブルと最高の「気候フィクション」小説のXNUMXつ O:オプラウィンフリーマガジン)。 シャーリージャクソン賞の受賞者であり、クラリオンライターズワークショップの卒業生であるミラーの短編小説は、ワールドファンタジー、セオドアスタージョン、およびローカス賞にノミネートされ、多数のアンソロジーで再版されました。 日ごとにコミュニティの主催者である彼は、ニューヨーク市に住んでいます。

アヨダモラタニモヲオクンセインデ(アヨ) ナイジェリア系アメリカ人のアーティストです ニューヨークに住み、働いているデザイナー、教育者、タイムトラベラー。 彼の作品は、絵画や投機的なデザインから、物理的にインタラクティブな作品、ウェアラブルテクノロジー、「再生」の探求まで多岐にわたります。 彼は、第11回上海ビエンナーレ、トライベッカストーリースケープ、EYEOフェスティバル、ブルックリン美術館、MIT Beyond the Cradle、Afrotectopiaなどに出展しました。 Okunseindeは、パーソンズスクールオブデザインでデザインとテクノロジーのMFAを取得しており、現在は非常勤講師を務めています。

KAディルデイ (モデレータ) CityLabの上級編集者です。 彼女は、米国、北アフリカ、およびヨーロッパでジャーナリストとして生活し、仕事をしてきました。 ニューヨークタイムズ 及び エッセンスマガジン.

これは私たちのXNUMX番目のイベントです 住宅の明日の街 シリーズ、 博物館で提示された課題と機会を探求します フューチャーシティラボ, 受賞歴のあるインタラクティブなサードギャラリー 核となるニューヨーク 展示。

サポーター

このプログラムは私たちの一部です 住宅の明日の街 私たちに触発されたプログラムシリーズ フューチャーシティラボ、受賞歴のある展示のXNUMX番目のギャラリー ニューヨークe。 このシリーズは、 フューチャーシティラボ キュレーターのヒラリー・バロン。

住宅の明日の街 によって部分的に可能になります ソフィアとピーターJ.ヴォランデス

パートナー

「Dwellinginthe Future:Imagining Tomorrow's City」は、 CityLab

MCNYに参加しよう!

無料または割引チケット、特別なイベントへの招待などが必要ですか?