学長の日| 私たちは誰ですか:データ、国勢調査、および私たち

いつ: 1月月曜日、27、2020、9:00am
画像は、ニューヨーク市議会の記者会見で「私はあなたの隣人だからカウントする」というサインを持っている若者を示しています。
23年2019月XNUMX日、ニューヨーク市議会の記者会見で使用された「ICountBecause」のサイン。写真提供:John McCarten / New York City Council 

このプログラムは現在完売しています。 名前をウェイトリストに追加するには、完了してください このフォーム。 スペースが利用可能になった場合、24月XNUMX日金曜日にメールでご連絡します。 

教育者向けのこの無料の終日プログラムでは、過去と現在のニューヨークの都市環境と生活にパターン、つながり、洞察を引き出すデータの力を探ります。 展示ツアーや実習ワークショップに参加して、学生がデータを活用してニューヨーク市の豊かさを発見できるようにします。  

この学際的な日には、小学校、中学、高校の教育者向けのカリキュラム基準を対象としたワークショップが含まれます。

この日には以下が含まれます。

  • 展示ツアー 私たちは誰ですか:数字でNYCを視覚化、 データアナリスト、人口統計学者、現代アーティスト、デザイナーによる作品を紹介し、数字が私たち自身、お互い、そして私たちの街を理解するのにどのように役立つかを検討します。  
  • での体験 フューチャーシティラボ
  • 一次資料および文書ワークショップ
     

特色のある教育プログラム 私たちとは:数字でNYCを視覚化 ニューヨークコミュニティトラストがその一部を可能にしています。 

私たちについて アンドリュー・W・メロン財団、匿名家族財団、カーネギー・コーポレーション・オブ・ニューヨーク、ブルームバーグ・フィランソロピーズ、ニューヨーク・コミュニティ・トラスト、ゼガー・ファミリー財団、チャールズ・H・レブソン財団、ブレアとシェリル・エフロンによって一部可能になりました。

プロフェッショナルラーニングプログラムの一部は、「チャンス」基金によって可能になりました。

フレデリックAOシュワルツ教育センターには、トンプソン家族財団基金、FAOシュワルツ家族財団、ウィリアムランドルフハースト寄付金、その他の寛大な寄付者からの助成金があります。

 


 

MCNYに参加しよう!

無料または割引チケット、特別なイベントへの招待などが必要ですか?